eCPMとCPAとROASのバランスで「継続性の高い状態」を考える

前回は広告主目線で”広告費がなぜもらえるのか”、”どのように広告継続を決定するのか”を中心にお伝えしていきました。さて今回はアフィリエイターさんと広告主が共に得するWin-Winな関係を築くには?という点でお話していければと思います。

Win-Winな関係を持続するには主にeCPM,ROAS,CPAのバランスを見ていきます。軽く用語のおさらいをしていきましょう。
eCPM広告主にとっては広告コスト見直しの、掲載メディア側にとっては収益性の指標となる。
ROAS広告費に対しての売上をパーセンテージで表す。
CPAユーザーが広告主が決めた”アクション”を起こすまでの金額、アフィリエイターさんの単価にもなる。

それでは下の例を見ながら考えてみましょう。(小数点以下四捨五入)

まずAから見ていきましょう。

広告主目線
ROAS 30000円÷(CPA300円×15CV)×100=667%
メディア目線
eCPM (CPA300円×15CV)÷Imp30000×1000=150円

広告主にとってはROASがかなり高く、効果的な広告ですが、アフィリエイターさんに取っては課金が多く出ているのにも関わらず、CPAが低いと思いませんか?eCPMを用いて、仮に10万回表示されても15000円にしかならないと予測できます。アフィリエイターさんにとっては続けるのも億劫ですよね。他にもっといい案件があるかもしれません。

Bはどうでしょうか。

広告主目線
ROAS 5000円÷(CPA800円×20CV)×100=31%
メディア目線
eCPM (CPA800円×20CV)÷Imp20000×1000=800円

アフィリエイターさんにとってはCPAもよく、獲得が出るのでかなり良い案件です。対して広告主にとってはROASが低い上に、アフィリエイターさんへのお支払いが多いので、損と言えるでしょう。こういった場合、広告を継続することは難しく停止に至る場合がほとんどです。

続いてCです。

広告主目線
ROAS 1000円÷(CPA400円×5CV)×100=50%
メディア目線
eCPM (CPA400円×5CV)÷Imp10000×1000=200円

広告主にとっては課金が少なく、アフィリエイターさんにとってはCVが出にくく、CPAもそこまで高くないので継続しても収益があまり見込めないということでどちらにとっても継続する理由がないでしょう。

最後にDを見ていきましょう。

広告主目線
ROAS 20000円÷(CPA700円×15CV)×100=190%
メディア目線
eCPM (CPA700円×15CV)÷Imp15000×1000=700円

広告主にとってはROASが100%を超え、アフィリエイターさんにとってeCPM、CPA共に良くWin-Winと言えるでしょう。仮に10万回表示されるとアフィリエイターさんは70000円くらい収益をえられることができるだろうと予測できます。広告主にとっても仮に広告10万回表示された場合約133000円の売り上げが見込まれ、アフィリエイターさんにお支払いしても約63000円の利益が見込まれます。

Dのようにお互いに得する関係を築き上げることで、広告は継続して行きます。これを機に自分の掲載している案件を見直してみてはいかがでしょうか。

【A-Tradeコラム】そもそも広告費がなんでもらえるの?

【A-Tradeコラム】第1回から第4回では基本的な広告知識や収益予測方法をお伝えしてきましたが、そもそもなぜ広告費をもらえるのでしょうか?

テレビ、インターネット、アプリ、新聞、雑誌など、私たちの生活で”広告を見ない日はない”と言っても過言ではないほど日常の一部と化しています。
広告費を出す最大の理由といえばやはり”認知”のためですよね。どんなにいいサービスを開発、作成しても誰にも利用されなければ意味がないため、広告費を割いてでも宣伝する必要があります。

しかしただ広告費を費やすだけでは意味がありません。結果が伴わない広告費を作らないために広告主(広告代理店)はみなさんの広告効果を把握し、効果がいいパートナーとは継続、効果が悪いパートナーには停止連絡をします。みなさんがもし停止連絡をよく受け取っているのであれば、サイトや記事を改善する必要があるかもしれません。

それでは広告主は何を基準に広告効果をチェックし、広告継続を決めているのでしょうか
今回は特に大事な3つ、”ROASARPPULTV”を紹介します。

ROASはReturn On Advertising Spendの略で、日本語で総資産利益率と言われています。広告費に対して何パーセント売上を得られたかを示します。広告費をかけたのに売上が0だったら宣伝は無駄だったということになってしまいますよね。
ROASは売上÷広告費×100で求めることができます。

例えば広告費を10000円かけて売上が1000円だったとします。
ROASは1000÷10000×100=10%ということになり、広告の継続は難しいという判断になります。対して、広告費を10000円かけて売上が20000円だったということであれば20000÷10000×100=200%ということになり、広告の継続を決定することができます。

ARPPUはAverage Revenue Per Paid Userの略で課金、購入しているユーザーの平均収益額です。ARPPUが高いと広告継続につながります。
ARPPUの求め方は課金全体額(売上)÷課金者数です。

例えば全体の課金額が100000円で課金者数は50人だったとします。
100000÷50=5000でARPPU5000円ということになります。
ARPPUは日毎に求める日次ARPPUと月毎に求める月次ARPPUがあり、Aトレードでは主に月次ARPPUでみなさんの効果を見ています。
またARPU(Average Revenue Per User)というとても似ている言葉がありますが、これは1ユーザーあたりの平均課金額なので、全体売上÷ユーザー数で求めることができます。

LTVとはLife Time Valueの略で日本語で顧客生産価値と呼ばれます。
ユーザーがサービスの利用を開始してから終了するまでに、自社(広告主)にもたらした利益のことを言います。一番身近なところでいうと、みなさんが契約してい様々なサブスクは1回きりではなく、月額の金額を継続的に支払っていますよね。サービスの利用が一度きりの場合LTVは低く、継続的に遊んでくれた場合LTVは高くなります。つまり広告主は一度の課金額は少なくても、継続的にサービスを利用してくれるお客さんを獲得することに価値があると考えています。

今回はアフィリエイターさん視点ではなく、広告主視点で解説してきました。
広告主はみなさんに協力を求めていますが、結果、効果の伴わない広告費は出したくありません。広告を停止されてしまう理由がわかれば、みなさんも改善点が見えてくるのではないでしょうか。

【A-Tradeコラム】eCPMを用いた収益性・収益効率の考え方

【A-Tradeコラム】第3回では、自分のサイトにアナリティクスを導入してみてくださいと
お伝えしましたが、皆さんアナリティクスを入れて自分のサイトや記事のPV数、imp、クリック数など把握できるようになりましたか。
把握している方はCPAやCVRの計算もお忘れなく!
サイトや記事の改善に加え、皆さんの成果報酬の可能性を最大限に広げることができますよ!前回のコラムでもう一度復習したい方はこちら

今回はeCPMの考え方についてお伝えしていきます。eCPMを知ることで収益予測を立てることができるんです。eCPMと聞いて何か気づきませんか?
そうです、すでにコラム第2回で学習した”CPM”にeがついてるだけじゃないか!そう思っていただけただけでもすでに広告知識がUPしている証拠です。

eCPMは広告主側にとっては広告コスト、掲載メディア側(つまりアフィリエイターの皆さん)にとっては収益性の指標となります。今回はeCPMを収益予測として考える、メディア側の考え方をご紹介します。
eCPMとはeffective Cost Per Mille(エフェクティブ・コスト・パー・ミル)の略で、
広告表示 1,000 回ごとに得られる収益の見積り額を求めることができます。
計算式は合計収益額÷表示回数× 1,000で求めることができます。

例えばあなたのサイトが広告表示回数10,000回で1,000円の収益をあげているとします。
ではこの広告の表示回数1,000回の収益はいくらになるでしょう。
合計収益額1,000円÷表示回数10,000回× 1,000=100
つまりeCPM100円となり、1,000回表示されるごとに100円の収益を得られるだろうと考えることができます。

eCPMを知ることで、この広告が50,000回表示されれば、5,000円、100,000回表示されれば10,000円の収益を得られることができるだろうという予測を簡単に立てることができます。
予測に過ぎないと考える方もいるかもしれませんが、表示回数はクリック数や成果数に比べ、数字が安定していると言われており、収益やコストを予測するのによく利用されます。

皆さんもeCPMを求めて収益予測を立ててみましょう。eCPMが高ければ高いほど、
あなたのサイト記事のimpに価値があり、売上も上がるでしょう。
逆に自分のeCPMが低いと感じた方は、サイトや記事の改善をしてeCPMを上げていきましょう。

【A-Tradeコラム】CVR・CPAを使った収益計算の仕方

【Aトレードコラム】第1回第2回では主に広告の基礎用語についてお伝えしてきました。皆さんCVRCPAをちゃんと覚えていますか!?前回のコラムはこちら

今回は第1回と第2回で学んだことの応用編です。言葉を覚えるだけでなく実践してみましょう。実践するには自分のサイトに設置した広告の表示回数や、広告のクリック回数、CV数などを把握しなくてはいけません。そのために必要なのが広告計測。例えばGoogleアナリティクスは無料で比較的簡単に設定できるのでおすすめです。

アナリティクスを入れたら、広告が掲載されている自分のサイトのCTRCVRCPAなどを求めてみましょう。記事ごとに計算できれば、どの記事が効果がいいかもわかりますよね!それでは記事Aと記事Bで違うアプリ案件の広告を掲載しているとします。どちらの記事の方が成果が出ているかみてみましょう。

記事A

Imp 1000
Click 100
単価 500
CV 30

CTR
Click÷Imp=CTR
100÷1000=10%

CVR
CV÷Click=CVR
30÷1000=3%

売上
単価×CV=売上
500×30=15000円

記事B

Imp 1000
Click 150
単価 600
CV 20

CTR
Click÷Imp=CTR
150÷1000=15%

CVR
CV÷Click=CVR
20÷1000=2%

売上
単価×CV=売上
600×20=12000円

単価が高く、クリック率も高いBの案件の方が儲かるように感じます。しかしCVRと売上を見てみましょう。単価やクリック率はBが高いですが、CVRが高いAの方が売上は大きくなります。

もちろん単価が高いに越したことはないのですが、単価が高いからこの案件をやるではなく、アナリティクスを利用して自分のサイトや記事にあっている案件を見極めたり、クリックやダウンロード率が上がるように改善点を見つけましょう。クリック率が高いのにCVまで至らないのであればユーザーがダウンロードしたいと思ってくれるように工夫することなどが大切になってきます。皆さんも自分のサイトにアナリティクスを入れて計算してみましょう!

次回はeCPMを用いた収益性・収益効率の考え方をお伝えしていこうと思います!

【A-Tradeコラム】お金を絡めた広告指標について

前回のコラムでは一番基本的な「広告知識について」ご紹介しました。
言葉を知らずにアフィリエイトを始められる方も多くいらっしゃいますが、
やはり多く稼ぐには知識は必要であり、その知識をどのように活用していくかが
鍵となってきます。

第2回は「お金を絡めた広告指標について」です!
アフィリエイトでよく使われるCPICPAに加え、アドネットワークを利用した広告運用に
よく使われるCPCCPMについてもご紹介します。

CPI(シーピーアイ)
Cost Per Install(コスト パー インストール)の略で、主にアプリのインストールやダウンロードの単価のことを指す。
例えばアプリの1ダウンロードの単価が500円だった場合、CPI500円と表記する。
また広告主から予算をもらい、広告運用する場合コスト÷CV数でCPIを求めることができるため、広告主が求めているCPIと自分のCPIを比べることで広告運用を調整していく。

CPA(シーピーエー)
Cost Per Action(コスト パー アクションもしくはCost Per Acquisition)の略で、ユーザーが広告主が決めた”アクション”を起こすまでの金額。広告主が決めた”アクション”、つまり成果対象となるゴールは広告主が自由に決めることができる。
Aトレードではアプリの入会、会員登録がゴールとして設定されているものが多くある。コスト÷CV数(広告主が決めたゴール)でCPAを求めることができる。

CPC(シーピーシー)
Cost Per Click(コスト パー クリック)の略で、Web広告が1クリックを得るのにかかる金額、つまり1クリックの単価のこと。
コスト÷クリック数で求めることができる。
例えば1000円のコストに対し、10クリック得られた場合、1000÷10=100なのでCPCは100円になる。

CPM(シーピーエム)
Cost Per Mille(コスト パー ミル)の略で、広告がWEB上に1000回表示される度にかかる費用のこと。
計算方法はコスト÷実際に広告が表示された回数(インプレッション)×1,000で求めることができる。
例えば10万円のコストに対し、1,000,000imp得られた場合のコストは、
100,000÷1,000,000×1,000=100なのでCPMは100円になる。

みなさんご存知でしたか?
ちなみにAトレードではCPIとCPAの案件が充実しています!
CPIはアフィリエイターのみなさんには一番始めやすいと思いますが、
広告主の方はみなさんの広告効果を都度チェックしており、効果が良くないと広告停止を求められてしまいます。

停止にならないためにもアプリをインストールしてもらえるだけでなく、アプリで遊んでもらえるようなサイトや記事の構成を考えてみましょう!
効果が良ければ広告主から報酬UPの連絡も来ます!
Aトレードでも一部の方に、”特別単価”で案件をお願いしています。

第3回は基本的な「 広告指標の見方:CPA・CVRとeCPMとの相関」についてお伝えしていく予定です。
第1回、第2回でいろいろな言葉をご紹介しましたが、実際にどのようにつながっているのか
ご紹介していく予定です。稼げるアフィリエイターになりたい方必見です、お楽しみに!


【A-Tradeコラム】インターネット広告の基礎用語

Aトレードのパートナーの方は月5000円から稼いでるという方から
なんと月に100万円以上稼いでいる達人の方までいらっしゃいます。
SEOの対策もバッチリ!サイトのデザインも完璧!そんな方でも
肝心の広告知識について理解しておらず、
思うような効果が得られてない方がいらっしゃいます。
そんな方にもっと報酬アップしていただきたく思ってます!

Aトレードではこの度アフィリエイターさん向けのコラムをスタートしました!
第1回は「広告知識について」です!

PV数
Page viewの略で、WEBサイトに実際に訪れた訪問者数のことを指す。

Impression(インプレッション数)
実際に広告がWEB上に表示された回数のこと。
ImpやImp
sと略されることもある。

Click(クリック数)
インプレッションが広告の表示回数に対し、クリック数はその広告やURLが実際にクリックされた回数のこと。

CTR
Click Through Rate(クリックスルーレート)の略で、クリック率とも呼ばれる。
WEB広告の表示に対し、クリックされた割合。
計算式はクリック数÷インプレッション数。
例えば1000インプレッションに対し、10クリックだった場合
10÷1000=0.01なので1%になる。

CV
Conversion(コンバージョン)の略で、WEBサイトを訪れ、広告をクリックした人が実際に
ゴール(成果)にたどり着くこと。
例えばアプリであれば、アプリのインストール、登録、入会、課金等が成果地点になり得る。
商品であれば資料請求、商品の注文等。成果地点は広告主が自由に決めることができる。

CVR
Conversion Rate(コンバージョンレート)の略で、コンバージョン率とも呼ばれる。
クリックに対し、実際にコンバージョンに至った割合を表す。
計算式はコンバージョン÷クリック数。
例えば10クリック中1CVだったら1÷10=0.1なのでCVRは10%になる。

第2回は基本的な「広告指標」についてお伝えしていく予定です。
例えばCPIやCPAという言葉をご存知ですか?
実はお金に関わってくるとても重要な言葉です!

Aトレード事務局でも広告指標をもとに皆さんの
広告効果を把握しています。
広告効果のいいパートナーの方には報酬UPのご相談もさせていただいてます!
またサイトには公開されていない特別な案件をお願いすることも!
稼げるアフィリエイターになりたい方必見です、お楽しみに!