【Aトレードコラム】CVR・CPAを使った収益計算の仕方

【Aトレードコラム】第1回第2回では主に広告の基礎用語についてお伝えしてきました。皆さんCVRCPAをちゃんと覚えていますか!?前回のコラムはこちら

今回は第1回と第2回で学んだことの応用編です。言葉を覚えるだけでなく実践してみましょう。実践するには自分のサイトに設置した広告の表示回数や、広告のクリック回数、CV数などを把握しなくてはいけません。そのために必要なのが広告計測。例えばGoogleアナリティクスは無料で比較的簡単に設定できるのでおすすめです。

アナリティクスを入れたら、広告が掲載されている自分のサイトのCTRCVRCPAなどを求めてみましょう。記事ごとに計算できれば、どの記事が効果がいいかもわかりますよね!それでは記事Aと記事Bで違うアプリ案件の広告を掲載しているとします。どちらの記事の方が成果が出ているかみてみましょう。

記事A

Imp 1000
Click 100
単価 500
CV 30

CTR
Click÷Imp=CTR
100÷1000=10%

CVR
CV÷Click=CVR
30÷1000=3%

売上
単価×CV=売上
500×30=15000円

記事B

Imp 1000
Click 150
単価 600
CV 20

CTR
Click÷Imp=CTR
150÷1000=15%

CVR
CV÷Click=CVR
20÷1000=2%

売上
単価×CV=売上
600×20=12000円

単価が高く、クリック率も高いBの案件の方が儲かるように感じます。しかしCVRと売上を見てみましょう。単価やクリック率はBが高いですが、CVRが高いAの方が売上は大きくなります。

もちろん単価が高いに越したことはないのですが、単価が高いからこの案件をやるではなく、アナリティクスを利用して自分のサイトや記事にあっている案件を見極めたり、クリックやダウンロード率が上がるように改善点を見つけましょう。クリック率が高いのにCVまで至らないのであればユーザーがダウンロードしたいと思ってくれるように工夫することなどが大切になってきます。皆さんも自分のサイトにアナリティクスを入れて計算してみましょう!

次回はeCPMを用いた収益性・収益効率の考え方をお伝えしていこうと思います!

注目

【A-Tradeコラム】お金を絡めた広告指標について

前回のコラムでは一番基本的な「広告知識について」ご紹介しました。
言葉を知らずにアフィリエイトを始められる方も多くいらっしゃいますが、
やはり多く稼ぐには知識は必要であり、その知識をどのように活用していくかが
鍵となってきます。

第2回は「お金を絡めた広告指標について」です!
アフィリエイトでよく使われるCPICPAに加え、アドネットワークを利用した広告運用に
よく使われるCPCCPMについてもご紹介します。

CPI(シーピーアイ)
Cost Per Install(コスト パー インストール)の略で、主にアプリのインストールやダウンロードの単価のことを指す。
例えばアプリの1ダウンロードの単価が500円だった場合、CPI500円と表記する。
また広告主から予算をもらい、広告運用する場合コスト÷CV数でCPIを求めることができるため、広告主が求めているCPIと自分のCPIを比べることで広告運用を調整していく。

CPA(シーピーエー)
Cost Per Action(コスト パー アクションもしくはCost Per Acquisition)の略で、ユーザーが広告主が決めた”アクション”を起こすまでの金額。広告主が決めた”アクション”、つまり成果対象となるゴールは広告主が自由に決めることができる。
Aトレードではアプリの入会、会員登録がゴールとして設定されているものが多くある。コスト÷CV数(広告主が決めたゴール)でCPAを求めることができる。

CPC(シーピーシー)
Cost Per Click(コスト パー クリック)の略で、Web広告が1クリックを得るのにかかる金額、つまり1クリックの単価のこと。
コスト÷クリック数で求めることができる。
例えば1000円のコストに対し、10クリック得られた場合、1000÷10=100なのでCPCは100円になる。

CPM(シーピーエム)
Cost Per Mille(コスト パー ミル)の略で、広告がWEB上に1000回表示される度にかかる費用のこと。
計算方法はコスト÷実際に広告が表示された回数(インプレッション)×1,000で求めることができる。
例えば10万円のコストに対し、1,000,000imp得られた場合のコストは、
100,000÷1,000,000×1,000=100なのでCPMは100円になる。

みなさんご存知でしたか?
ちなみにAトレードではCPIとCPAの案件が充実しています!
CPIはアフィリエイターのみなさんには一番始めやすいと思いますが、
広告主の方はみなさんの広告効果を都度チェックしており、効果が良くないと広告停止を求められてしまいます。

停止にならないためにもアプリをインストールしてもらえるだけでなく、アプリで遊んでもらえるようなサイトや記事の構成を考えてみましょう!
効果が良ければ広告主から報酬UPの連絡も来ます!
Aトレードでも一部の方に、”特別単価”で案件をお願いしています。

第3回は基本的な「 広告指標の見方:CPA・CVRとeCPMとの相関」についてお伝えしていく予定です。
第1回、第2回でいろいろな言葉をご紹介しましたが、実際にどのようにつながっているのか
ご紹介していく予定です。稼げるアフィリエイターになりたい方必見です、お楽しみに!


注目

【A-Tradeコラム】インターネット広告の基礎用語

Aトレードのパートナーの方は月5000円から稼いでるという方から
なんと月に100万円以上稼いでいる達人の方までいらっしゃいます。
SEOの対策もバッチリ!サイトのデザインも完璧!そんな方でも
肝心の広告知識について理解しておらず、
思うような効果が得られてない方がいらっしゃいます。
そんな方にもっと報酬アップしていただきたく思ってます!

Aトレードではこの度アフィリエイターさん向けのコラムをスタートしました!
第1回は「広告知識について」です!

PV数
Page viewの略で、WEBサイトに実際に訪れた訪問者数のことを指す。

Impression(インプレッション数)
実際に広告がWEB上に表示された回数のこと。
ImpやImp
sと略されることもある。

Click(クリック数)
インプレッションが広告の表示回数に対し、クリック数はその広告やURLが実際にクリックされた回数のこと。

CTR
Click Through Rate(クリックスルーレート)の略で、クリック率とも呼ばれる。
WEB広告の表示に対し、クリックされた割合。
計算式はクリック数÷インプレッション数。
例えば1000インプレッションに対し、10クリックだった場合
10÷1000=0.01なので1%になる。

CV
Conversion(コンバージョン)の略で、WEBサイトを訪れ、広告をクリックした人が実際に
ゴール(成果)にたどり着くこと。
例えばアプリであれば、アプリのインストール、登録、入会、課金等が成果地点になり得る。
商品であれば資料請求、商品の注文等。成果地点は広告主が自由に決めることができる。

CVR
Conversion Rate(コンバージョンレート)の略で、コンバージョン率とも呼ばれる。
クリックに対し、実際にコンバージョンに至った割合を表す。
計算式はコンバージョン÷クリック数。
例えば10クリック中1CVだったら1÷10=0.1なのでCVRは10%になる。

第2回は基本的な「広告指標」についてお伝えしていく予定です。
例えばCPIやCPAという言葉をご存知ですか?
実はお金に関わってくるとても重要な言葉です!

Aトレード事務局でも広告指標をもとに皆さんの
広告効果を把握しています。
広告効果のいいパートナーの方には報酬UPのご相談もさせていただいてます!
またサイトには公開されていない特別な案件をお願いすることも!
稼げるアフィリエイターになりたい方必見です、お楽しみに!